あなたの会社の5ヵ年経営計画の作り方&理由

スモールビジネスを営んでいると、毎日が忙しく、長期的な計画を立てる時間を確保するのが難しい場合があります。1週間で給料を稼ぐのに必死で、何年も先のことまで考えられるでしょうか。 しかし、長期的なビジネス戦略を立てることは、ビジネスと個人の財務の両面において、いくつかの利点があります。ここでは、5年間のビジネスプランがなぜ良いのか、そしてどのように作成すれば良いのかを詳しく見ていきましょう。 なぜ5カ年計画を立てるのか? 長期計画を立てることで、ビジネスの優先順位や目標を決定することができます。新しい場所に進出したいですか?売上を最大化したいですか?ビジネスを家族に譲渡したいですか?それぞれの目標には、あなたの時間と資源の異なる優先順位が含まれます。計画を立てることで、あなたとあなたのスタッフがこれらの目標を追求し、他のことに資源を浪費していないことを確認することができます。 さらに、5カ年計画では、潜在的な障害や、目標達成の原動力となる可能性のある強みを確認することができます。このような戦略的思考は、不測の事態に備え、不意打ちを食らうことがないようにするためにも有効です。 最後に、投資家から資金を調達する場合、投資家はあなたのビジネスプランを見たがるものです。5カ年計画を持っていれば、このような会合に備えることができます。 5カ年計画の策定方法 5カ年計画では、ビジネスの現在の機能および実践、そして目標をカバーする必要があります。これには、マーケティング、オペレーション、財務の目標が含まれます。過去の業績や販売データを確認し、将来の成長を予測するのに役立てましょう。ある種の介入によって、これまでの傾向が変わると思われる場合は、予測の中でそのことを説明します。例えば、新製品の発売により、売上が伸びると予想することもできます。 自分のビジネスについて、具体的に質問してみましょう。現在のやり方では、今後 5 年間に何人の顧客を獲得できるでしょうか?現実的に、売上はどの程度まで伸ばせそうですか?新しいスタッフを雇う必要があるか、また何人雇う予定か? 5年後にどうなっていたいかを明確にすることで、マイルストーンを設定することができます。5年目に一定の収益を上げたい場合、3年目にいくら稼げば軌道に乗るのか?1年目は?6ヵ月後?こういったことを考慮することで、アクションアイテムを作成することができます。 自社の強み・弱みの把握 ブレインストーミングをしながら、計画のSWOT分析を行うとよいでしょう。SWOT分析とは、企業の強み、弱み、機会、脅威をリストアップするものです。例えば、強みは、収益拡大に貢献する献身的で有能な営業チームかもしれません。弱みは、製品開発を一人の人間に頼りすぎていることかもしれません。 このような情報をもとに、さまざまな課題にどのように対処していくかを想像してみましょう。例えば、不況になると、売上はどの程度落ちますか?その際、十分な資金を確保するために、今何ができるでしょうか? ビジネス目標を達成するための解決策を見つける また、5カ年計画で設定した目標を達成するために、強みを補強し、潜在的な弱みを相殺するための中小企業向け財務ソリューションも検討する必要があります。あなたの強みの一つは、あなたの才能のある従業員である場合、あなたの目標は、離職率を減らすことができる。この目標を達成するための一つの方法は、従業員の福利厚生を改善することです。生命保険や退職金制度を導入するのも一案です。

カフェを開く方法: ステップバイステップガイド

このカフェを開くためのステップバイステップガイドをご紹介します。 1. コーヒービジネスの研究 コーヒービジネスのオーナーに連絡を取り、彼らの経験から学び、何がうまくいき、何がうまくいかないのかを知ることです。また、たくさんのカフェを訪れて、自分のビジネスがどのようなものであるかを知ることも重要です。 2. ビジョンを明確にする あなたはきっと大きな計画を持っていて、すでにカフェを立ち上げるイメージを持っていることでしょう。カフェで何を実現したいのか、どんな雰囲気を作りたいのかを書き出してみましょう。 3. 詳細なビジネスプランの作成 ビジネスプランを作成する過程で、地域のマーケットを理解し、ビジネスを成功させるために必要な数字をじっくりと検討することができます。ビジネスプランは、コーヒーショップの開発と管理の各段階を案内し、新しいビジネスをどのように構成し、運営し、成長させるかのロードマップとなります。 4. 場所を選ぶ カフェビジネスの成功に欠かせないのが立地です。決定する前に、検討しているエリアでしばらく時間を過ごしてみてください。徒歩で移動する人がどれくらいいるか、駐車場はどれくらいあるか、などに細心の注意を払いましょう。 5. 最適な仕入先を見つける 信頼できる良い仕入先を見つけることは、どんなビジネスでも成功するための重要な要素です。開業するカフェの種類にもよりますが、主な仕入先は、コーヒー、牛乳、パン、生鮮食品、食料品などが一般的です。 6. 業務用機器を調達する 自己資金(または現金)で機器を購入するか、コーヒー器具の場合、多くのカフェはコーヒー焙煎業者から携帯電話のプランのような形で貸し出してもらうこともできます。 また、業務用ミキサー、冷蔵庫、食器洗い機、レジ…などへの投資も必要になってきます。 7. カフェをデザインし、個性を出す カフェのデザインは、お客さんを引きつけ、リピーターになってもらうために非常に重要です。コンセプトはターゲット層によって大きく異なります。モダンなデザインにするか?レトロな感じ?洗練された雰囲気?家族向け?健康志向?お客様の好みを把握し、それを意識してカフェをデザインしましょう。 8. カフェを引き立てるメニューを作る メニューは、あなたのビジョンとカフェのテーマを表現するものでなければなりません。料理の選択肢から、デザイン、色、フォント、魅力的な説明、画像、価格まで、すべてを考慮する必要があります。 9. 適切な人材を雇う 経験豊富なカフェのオーナーに、ビジネスにおける一番の問題は何かと尋ねると、その通り、優秀なスタッフを見つけ、維持することです。それは、優秀なスタッフを見つけ、維持することです。 10. カフェを売り込む カフェのオープンまでの数ヶ月から数週間は、ネットワークを構築し始めるチャンスです。ソーシャルメディアがあなたの口コミになるので、それを利用して評判を高めてください。カフェがInstagramを好むことは周知の事実です。カフェがInstagramを愛用しているのは周知の事実ですが、それだけにとどまりません。Googleマップのリスティングを登録してローカル検索に表示されるようにし、Tripadvisorなどの他のレビューサイトでページを登録してフィードバックに迅速に対応できるようにすることを検討してください。 11. カフェをオープンする カフェをオープンすることは、信じられないほどの達成感であり、エキサイティングな新しい冒険の始まりとなります。

起業家のためのベストアプリ

成長するビジネスをどのように管理するか、もう奔走する必要はありません。時間管理から支払い処理まで、あらゆることを助けてくれる起業家向けのアプリが大量に出回っているのです。それぞれのアプリには独自の機能と利点があるので、あなたにとってより良いアプリもあれば、そうでないものもあるでしょう。 2022年の起業家に最適なアプリは何なのか、見ていきましょう。 1. ドロップボックス 外出先でファイルにアクセスする必要が生じたとき、それが自宅のコンピュータにあることに気づいたことはありませんか?Dropboxを使えば、どこにいてもファイルにアクセスできるようになり、とても楽になります。モバイル・アプリケーションでは、あらゆる種類の文書を作成、表示、編集、送信することができます。 このアプリにはドキュメントスキャナもあり、さまざまなファイルにコメントしたり、オフラインでアクセスしたりすることも可能です。Dropboxのアカウントを持っていない人とファイルを共有することもできます。 2. バッファ Bufferは、あなたのソーシャルメディアマーケティングの管理を、より簡単に、より負担なく行うことができます。このアプリを使えば、複数の異なるソーシャルネットワークで投稿を共有することができます。また、Bufferを使ってコンテンツをスケジュールし、フォロワーが見るのに最適な時間に投稿できるようにすることもできます。 3. ポケット 必要な情報をアプリに保存して後で見ることができ、オフラインで見ることもできます。Pocketでは、記事、画像、動画を保存して、いつでも好きなときにアクセスできるようにすることも可能です。携帯電話、タブレット、パソコンからアクセスできます。さらに、GoogleドキュメントやGoogleドライブなど、1,500以上のモバイルアプリからコンテンツを保存することも可能です。 4. スクエア Squareを使えば、クレジットカードやデビットカードの決済が驚くほど簡単にできます。必要なのは、あなたのモバイル機器と、登録時にSquareから送られてくる小さなリーダーだけです。通常のカードとチップカードの両方を受け入れることができるので、販売プロセスがより簡単になります。 5. Trello Trelloを使えば、プロジェクト管理が楽しく、簡単になります。このアプリを使えば、やるべきことを視覚化でき、他のチームメンバーとのコラボレーションも可能です。プロジェクトは、カード、リスト、ボードなど、チームにとって最適な方法で整理することができます。 6. LinkedIn LinkedInを使えば、人脈作りも人間関係作りも簡単になります。このアプリでは、資格、業界、仕事、場所などに基づいて人を検索することができます。人脈とつながり、連絡を取り合うことができるため、商談の機会も増えます。 7. フレッシュブックス 起業家であれば、どこからでも簡単に帳簿を管理できる会計ソフトが欲しいところです。FreshBooksは、会計士ではなく、スモールビジネスのオーナーのために作られ、設計されたクラウドベースのプラットフォームです。携帯電話やデスクトップアプリケーションと同期しているので、現在の財務状況を確認したり、いつでもファイルにアクセスすることができます。 請求書の送信、支払い状況の確認、クライアントからのフィードバックへの対応も、モバイルアプリケーションですぐに行えます。さらに、時間を記録したり、領収書の写真を撮って、経費に追加することもできます。キャッシュフローの把握が、かつてないほど簡単になりました。 8. ワンダーリスト Wunderlistは、あなたのリスト作りをアップグレードしたい場合に最適なアプリの選択です。この便利な小さなリンゴは、あなたのすべてのデバイス間で同期し、リストを共有してプロジェクトで共同作業を行うことができます。締め切りのリマインダーを設定したり、画像や他のコンテンツをリストに追加することもできます。 すべての会話を一元化し、ToDoリストに集中できる、優れた生産性アプリです。

ビジネスコンサルタントとは?どのような仕事をするのか?

ビジネス・コンサルタントとは、企業の改善、成長、維持を目的として、様々な側面から顧客と協働する専門家のことです。このガイドでは、ビジネス・コンサルタントについて、また彼らが提供できるものについて詳しく説明します。 ビジネスコンサルタントとは? ビジネスコンサルタントとは、企業の経営者や管理者と密接に連携し、業務改善や効率化を図る人のことです。ビジネスコンサルティングには、企業の目標を達成するための障害を特定し、対処し、克服するための支援も含まれます。 ビジネスコンサルタントのキャリア展望 ビジネスコンサルタントの収入は、勤務地、担当する業界、提供する特定のスキルなど、いくつかの要因に左右されます。現在進行中のCovid-19の大流行にもかかわらず、経営コンサルティングの内部には成長を遂げている部門があります。2020年第4四半期までに、ヘルスケア・コンサルティングや破産・再生コンサルティングなど、特定の業務分野の内部に驚くほどの需要があることが分かっています。一般的に、米国のコンサルタントの年収は65,000ドルから110,000ドルの間と言われています。 ビジネスコンサルタントの仕事とは? ビジネスコンサルタントは、あなたのビジネスが必要とするほぼすべてのニーズに対応することができます。特定の業界に特化したビジネスコンサルタントもいれば、より一般的なアプローチをするコンサルタントもいます。具体的なサービス内容は様々ですが、最も一般的なものを以下に挙げます。 ・成長または効率化を妨げている障害の特定 ・どのような変更が必要かを判断し、変更の実行を支援する。 ・スタッフや経営陣に必要なトレーニングやリソースを提供する。 ・既成概念にとらわれないアイデアで、ビジネスをリフレッシュする ・事業計画や新規事業の立ち上げの支援 ・従業員の評価、雇用、解雇(必要に応じて ・新しいプログラムの導入 ・企業の予算を分析し、調整を提案し、その実行を支援する。 ・目標達成を支援するプロバイダーやパートナーを探す ビジネスコンサルタントの利点は? ビジネスコンサルタントを雇うことは、企業にとって多くのメリットをもたらします。例えば、外部の視点を取り入れる、他のクライアントや業界から得た知見や専門知識を活用する、プランの作成とそれを実現するためのリソースを支援してもらう、などです。以下は、その具体例です。 ビジネスコンサルタントは、ビジネスを “俯瞰 “することができます。多くのベテラン経営者やオーナーは、自分がその渦中にいるため、全体像を把握することに苦労することがあります。ビジネスコンサルタントは、新鮮な思考と視点を持っているので、経営者が見落としたものを見ることができるのです。 ビジネスコンサルタントは、多くの場合、複数の業界や様々なクライアントと仕事をしています。そのため、さまざまな角度から貴重な知見やアイデアを得ることができます。また、他業界で培ったノウハウを新しい業界にも適用することができます。 新しいキャンペーンやビジネスプランを設計することは、非常に困難であり、多くの時間を要するものです。ビジネスコンサルタントは、これらの計画をより迅速かつ明確に策定し、実行に移すための支援を行います。 また、経営コンサルタントは、これまで気づかなかった自社の強みや弱点を的確に指摘します。 予算内に収めることは、企業の成功に欠かせません。ビジネス・コンサルタントは、支出における弱い部分を見つけ出し、その部分に対して創造的な解決策を提供することができます。 ビジネス・コンサルタントは、希望する顧客を調査し、その顧客を惹きつけるために的を絞ったマーケティング・プランを作成することによって、売上を伸ばす手助けをします。 コンサルタントは、さまざまなプロジェクトで形成されたネットワークを持っています。企業はこれを利用して知識を得たり、企業が気づいていないような外部のリソースを利用したりすることができます。